大将ぢゃ

flytaisyo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 10日

実釣3回目

絹糸に関しての実釣は
最初の1回目は最初の絹糸育成が終わり
ホームリバーの本流での実釣だったけれども
この時はハーダニングの関係なのかラインが軽く感じて
結局2回目の再育成と相成ったわけで
そして前回10月23日のサブホームでの実釣

そしていよいよ今回、11月9日のサブホームが3回目の実釣!



そろそろ雪の便りが届く時期の中で
この日は最高気温14度と少々高め!ただ山の中では10度前後?
f0118150_21204673.jpg

それでもスプリングクリークのサブホームの水温は13度前後
しかもずっと降り続いていた雨の影響はかなり少なく水量が少々多い?程度

おかげで乾燥毛鉤を流しても適当に反応もあり楽しませてくれた(^^)v
さてさて
絹糸は、、、と言うと
まだ少し軽い感じは否めないけれども大分、振る事には慣れてきた
ロングキャストォ!とは行かないけれども
近距離をコントロールするには問題なしかな?
f0118150_2129377.jpg

たまたま引きの味わえるサイズが出てくれたが
これも問題なくやり取りできた
近距離を乾燥毛鉤を浮かせてラインを流れに落とさないで釣る方法では
ラインが軽いし細くPVCラインよりもたるまず使いやすい
f0118150_2131253.jpg

こちらのホウライ鱒は脱渓間近で出ましたが
入渓から4時間くらい経ってのヒット!ライン自体の浮力はほとんど落ちることなく浮いています

やはり巻き癖が無いに等しいと言うのがかなり使いやすく
細いためにラインに重量を乗せて振る感覚はありませんが振りやすくもある
これは実際使ってみないとわからない感覚だと思います
多分細いために空気抵抗が無いのもその感覚を生む要素になっているかも
そしてタッチアップするときにとにかく水キレが良く
流れからラインを引きはがす感覚はなくスッと次のキャストに移ることができる
あとこれも感覚ですが魚の警戒心も薄い気がしましたねぇ
これからさらに使ってみるとどうなっていくのかが楽しみなラインです
[PR]

by fry1227 | 2012-11-10 21:39 | 絹糸


<< 今季冬眠は。。。      めんてなんす >>