大将ぢゃ

flytaisyo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 19日

O型大将に火が付いたぞ

2010年1月23日にしばらくほったらかしてあった蜂ネットに手をかけ
そのまま火が付いたかのように作業が始まった
ただ、前回の内径フレームまでは大きな問題も無く終わったが
これからの作業自体は少々問題あり
問題と言っても蜂ネット自体に問題があるのではなく
内径フレームを取り付けたあとの作業自体、大将が苦手とする作業(-_-;)
今までの4本のランディングネットもこの作業で苦労し
そして必ずしも成功したとは言えない小さなではあるがミスをしている



その作業が実は『溝切り』と言う作業なんだ
名前の通りにフレーム外周に溝を切るのだけれども
これがどうも上手く行かない
溝切りの道具も実際あるのだが、有るだけでどうも上手く使うことができずに
色々と違う方法を試している
実際、今までの4本のランディングネットの溝切りの方法は4本ともすべて違う方法を試した
ようはフレームが大体15㍉幅なのだがその中心の7.5㍉のところに一本の溝を切る
とても単純な事なんだけれども中心をずれたり溝が2本になったり
ある意味トラウマな作業
それで今回も当然?のように違う方法を考えてみた
f0118150_2240189.jpg

まずはフレーム外周にマスキングテープを張って中心がわかるように最初に線を引いてみた
f0118150_2242674.jpg

ついでにクレモナ糸が通る穴の線も
f0118150_22443354.jpg

いつもは溝を切ってから穴を開けていくのだけれども
今回は先に穴を開けてみた短いスパンで溝を切る方が楽だと読んでみた
f0118150_2246316.jpg

この辺は馴れた作業でフレームの内側にちゃんと処理をしてバリが出ないように気配りぃ
ただやはりここで一旦作業中止
溝切りにまでいくには少々勇気を蓄えて
f0118150_2248794.jpg

それでもその2日後に作業再開!
百均でご購入したカナ切りのこ、切り口の幅が厚いからこれでやってみる
クレモナ糸を通す穴から穴までを慎重に切っていく
f0118150_22514697.jpg

えっ!?ちょっと下手こいた風味かぁ???
f0118150_22524868.jpg

それでも全体に切り込みを入れてから平やすりとミニルーターで整形すると
おっ!結構まとも!しかも線は一本(当然の事だけれども)!!中心だし真っ直ぐ!
と当たり前のことを喜んでしまった^_^;
f0118150_22545283.jpg

マスキングテープは外してみると。。。
今までに無い位まともに溝切りが完成です!!
さぁて。。。ここまでくれば本体自体は完成と同じ
あとの作業は塗りだけだ
しかし。。。今までのランディングネット作りでも1番嫌気が差す
単純でしかも延々と同じ作業が毎日のように数ヶ月続く塗り
しかし、ここでも考えてみたと言うか振り返ってみた
実際、今までの塗りは大変だったが
その塗り方に問題は無かったのか!?
じっくり考えて結論を出してみた、あとは実践のみ
さぁ、その考えは上手くいくのか!?
問題は無いのか!?
こうご期待!!!
[PR]

by fry1227 | 2010-03-19 22:59 | ネット作成2010


<< いよいよ始まるぞ!終わりが無い...      釣りの時期も終わり冬眠に入って... >>